在籍確認なしカードローン 職場電話なしで派遣社員でも即日お金借りれるところ

在籍確認なしカードローン 職場電話なしで派遣社員でも即日お金借りれるところ

 

 

・金利 4.5−17.8%
・利用額 1万円ー最高キャッシング額500万
・30日間無利息 
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
・スマホから申込み可能
・主婦、パート・アルバイト、学生の方も平日14時までに契約完了で即日融資も可能
・20〜69歳までの安定収入のある方

 

プロミス

 

プロミスレディースキャッシング女性に評判

 

 

 

・金利 3.0%−18.0% 
・10秒簡易審査
※平日14:50までに審査完了で即日融資可能
※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともあります。
・利用額 1万円−800万円
・スマホ申込み可能 スマホWEB完結プログラムが人気
・主婦、パート・アルバイトの方も安定収入があれば平日14:50まで審査申込み完了で即日融資
・20歳から69歳以下の安定収入のある方。

 

SMBCモビットカードローンを選択すると職場に電話がきます。

 

職場への電話連絡をされたくない方は、SMBCモビットWEB完結を選択してください

 

書類の不備、虚偽の情報入力をするとSMBCモビットから確認の電話がくるので、注意してください。

 

SMBCモビット

 

 

 

 

アイフルも勤務先在籍確認なしでお金をかりれる消費者金融です。

 

他社消費者金融で融資否決になった場合でも、アイフルで借りれたという方も多く、

 

アイフルの審査に申し込む価値はあります。

 

借り換えローンで従来の消費者金融からの借金を返済して金利を下げたりと、

 

柔軟性のある金融機関です。

 

・アイフル金利4.5%−18.0%
最低1000円から借り入れ可能で、限度額500万まで融資可能
・即日融資可能
・最短30分で審査完了
・来店不要で融資完了
・派遣社員、パートアルバイトもキャッシング可能です 
※満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
・担保不要 連帯保証人不要
・総量規制対象内なので、年収1/3までが上限

 

 

 

 

 

 

カードローンでお金を借りるときに審査の1つとして在籍確認が行われます。

 

一般的には職場に対して電話連絡されるものですが、様々な理由で電話連絡されるのが困るなどの不都合があることがあります。

 

このような人は電話なしで契約できるところがあると便利です。実際にそのようなカードローンがあるかというと、電話連絡だけであれば他の方法で代用できるところがあります。

 

まず、在籍確認が何を目的として行われるものか把握しておきましょう。職場に電話する理由は本当に申し込み者が勤務して収入を得ているのか確認するためです。

 

勤務先や年収は申し込み書類に記入しますが、これは虚偽の記載もできます。このような不正が多かったため、電話することで実態の確認をしています。そのため、基本的にこの確認そのものをなくすことはできません。

 

ただし、勤務しているかどうかは電話以外にも確認する方法があります。

 

社員証や保険証、直近1か月分の給与明細があればその人に勤務実態があるだろうと推測できるので、これらを追加で提出することで勤務先への電話の代用とするカードローンがあります。

 

この方法を使う場合には申し込みを行った際に、コールセンターに電話を入れて事情の説明を行い、書類による確認で代用してもらえないか相談しましょう。

 

この方法はカードローンのWEBサイト上に対応できることが記載されていないこともあるため、説明がなくても対応してないと諦めずに対応してもらえるのか確認を行いましょう。

 

書類による代用は条件によって利用できない場合があるので注意が必要です。希望限度額が50万円を超える場合、または他社との合計額が100万円を超える、このいずれかの条件を満たしている場合、貸金業法で申し込み者に収入があることを確認することが義務化されているため、簡略化できなくなります。

 

そのため、貸金業である消費者金融では電話確認が必須になります。また、銀行は貸金業法ではないので電話確認は任意となりますが、省略すると貸し倒れが起きる危険性が高くなるため、基本的には確認が行われます。

 

なお、銀行カードローンの中には在籍確認そのものを省略できるケースもごく一部ですがあります。前述のように本当に収入を得ているのか確認することが目的であるため、収入が利用条件になっていなければ確認が行われません。銀行は総量規制が適用されないため、年収の3分の1までしか貸せないという制限がありません。

 

そのため無収入でも契約を認めている銀行カードローンがあり、これであれば電話連絡なしで契約できます。ただし、審査が甘いという意味ではないため、利用条件が基準を満たしていなければ通りません。この場合、本人ではなく家族の収入を見込んで契約をしているため、収入のある家族が同居している場合は審査に通る可能性がありますが、本人に収入がなく、同居者もいなければ無収入でも利用可能としていても審査には通りません。また、契約できた場合でも利用限度額の最大を50万円程度に抑えることで貸し倒れで大きな損失が出ないようにしているので、高額の借り入れはできません。

 

カードローンではなく、クレジットカードのキャッシングを利用する方法もありますが、この場合も通常は在籍確認として勤務先への電話連絡があると考えた方が良いでしょう。電話なしで借りる方法としては家族カードがあります。これは機能的には本会員のカードとほぼ同等でキャッシング機能を付けていればお金を引き出せます。

 

審査は本会員に対して行われるため、カードを使う家族の勤務先へ電話されることはありません。なお、利用したお金は本会員の口座から引き落とされるため、本会員に内緒で借りることはできません。利息が発生してしまうことを考えると、家族の所持金に余裕がある場合はキャッシングせずに家族から直接お金を借りた方が無駄な出費がありません。

 

勤務先に電話された場合でも周囲にばれる危険性は高くないため、本当に電話なしでなければならないのか考える必要もあります。電話では社名を名乗ったり目的を説明することはないので、勘のいい人でなければ気付かれることはなく、気付かれた場合でもそれが銀行、クレジットカード、消費者金融等のどれなのか判別はできません。また、カードローンを組んでもそれを理由に解雇されることはないので、これに関しては神経質になることはありません。

 

電話連絡そのものができないケースに関しては電話なしにする必要があります。例えば会社の規約で私用の電話が禁止されていたり、緊急でお金を借りたいときに勤務先の営業時間が過ぎており、社内に誰も残っていない場合などがあります。後者のケースに関しては無理に電話連絡なしにする必要はありません。

 

この場合もコールセンターに事情を説明することで、限度額を10万円程度に抑え、勤務先への電話確認ができてから限度額を再設定してもらえることがあります。

page top